こんな時には弁護士に相談!住まいや家のトラブル3選

家の建築やリフォームに関するトラブル

新しく家を建てたりリフォーム工事を依頼した際、工事内容と実際が異なっているというケースは珍しくないと言います。また雨漏りや基礎の亀裂、床の傾斜に関しても、修復方法や費用に関して業者と折り合いがつかないとして悩みを抱えている人も多いようです。

このようなトラブルに関しては弁護士に相談して対応してもらうことが可能で、依頼することで自分たちの代わりい業者と交渉してもらえます。

代金の未払いに関するトラブル

住宅建築やリフォームに関しては工事を依頼する側だけではなく、業者側にも悩みがあります。そんな業者側が頭を抱える悩みとして代表的なのが、依頼者側の代金未払いです。このような場合は最終的に裁判に発展する可能性もあるので、業者側は早めに弁護士に相談して対応してもらうのがいいとされています。

またこのような代金未払いトラブルは不動産の売買でも同じようなケースが発生するため、買主が代金を払わないケースでも弁護士に相談して対応するのがおすすめです。

ほかにも住まいや家に関するトラブルは弁護士に相談

住宅に関するトラブルはほかにも様々な事例が存在しており、中には当事者同士では決着がつかないものも少なくないと言われています。

このため工事業者との折り合いがうまくいかなかったり不動産の売買でトラブルが発生した場合は、早めに弁護士に相談してみるのが早期解決の糸口となっています。またすでにトラブルが発生している場合はもちろん、トラブルが発生する前に弁護士に相談するのもトラブル回避の意味で効果的です。

弁護士保険のミカタには、法律相談料保険金と弁護士費用等保険金という2つの保険金があります。日常生活の万が一に備えて加入しておくと安心です。