裁判に巻き込まれた場合に弁護士に依頼するメリット!

弁護士に依頼すれば手間が省ける!

日本では、訴えの内容は、雇用トラブル・離婚トラブル・相続トラブル など様々ですが、年間数百万件の裁判が新たに発生しています。裁判を行う場合、訴状・準備書面・証拠説明書などの書類を自分で作成する必要があります。素人が、これらの書類を作成する場合、関係することを自分で調べなくていけないのですが、大変な労力になります。また、書類作成だけでなく、裁判の審理日に出頭する必要があり、審理日に仕事などがあれば休まなくてはいけません。日本では、裁判は3審制が採用されているので、当事者が納得しないと最高3回裁判を行うことになってしまいます。この様な手間は、弁護士に依頼すれば、かわりに行ってくれるので解消することができます。

弁護士に依頼するのはお金の面で良い!

裁判を自分で行う場合には、多くの時間が必要になります。例えば、訴状・準備書面・証拠説明書1通書くのに素人は数時間から数十時間必要になることは珍しくありません。準備書面・証拠説明書は各1通ずつだけとは限らず数通書くことも珍しく無いです。例えば、書面1通書くのに10時間かかるとした場合、訴状1通・準備書面3通・証拠説明書2通用意するだけで、12万円分の人件費が発生してしまいます(本業の仕事の時給を2千円で考えた場合)。書面以外にも、証拠の出し方など裁判所に相談するなどの時間もかかります(動画などの証拠を出す場合など)。これらのこと考えると、最初から裁判のプロである弁護士に相談した方がお金の面でお得になります。

mikataとは弁護士費用保険のことで、弁護士への相談費用などが補償してもらえる便利な保険サービスです。