何かメリットはあるの?iDeCOとはどんな制度なのか

20歳以上なら誰でも始められる

iDeCOは個人型確定拠出年金のことで、自分で掛金を運用しながら積み立てていくのが特徴です。20歳以上の方なら誰でも始められる制度で、積み立てた掛金は原則60歳以降に受け取れます。掛金は毎月5,000円から、1,000円単位で自由に選択可能です。国民年金の被保険者種別や、企業年金の加入状況によって上限は異なります。定期預金や投資信託など、運用する商品も自分で決められるのが魅力です。掛金の変更は年1回可能なので、ボーナス時にもまとめて拠出できます。掛金の全額が所得控除となるため、税金が毎年戻ってくるのも大きなメリットです。運用期間中に得た利益にも税金はかかりません。利益をそのまま運用に回せます。

60歳になるまでは引き出せない

運用した資産を受け取る際も、退職所得控除や公的年金等控除など税金の優遇があります。運用中の資産は、60歳になるまで引き出せないので注意が必要です。加入期間が10年に満たないときは、60歳から給付金を受け取れない場合もあります。最初の掛金拠出から10年以上経過するまでは、受け取れる年齢も繰り下がっていくのが特徴です。期間が5年以上20年以下で受け取る老齢年金の方式か、老齢一時金として一括で受け取る方法があります。口座開設や口座管理の手数料は、掛金や年金資産から差し引かれるので安心です。運用の結果次第で受け取れる金額も大きく変わってきます。自分のライフプランに合わせて、上手く制度を活用しましょう。

iDeCOとは個人型確定拠出年金で、60歳まで毎月一定の掛け金を金融商品に運用して60歳以降にその資産を受け取るという制度です。