通信制高校での学習方法や入学など基本的なことを解説!

通信制高校はどんな学校か?

通信制高校とはいじめや不登校、病気などの様々な理由で全日制高校に通うことが難しい人のための学校です。学校教育法では、課程を修了するためには3年以上の在籍期間を満たす必要があると定められています。

通信制高校の学習方法

通信制高校での学習方法は学校に通学して授業を受けるのではなく、インターネットやテレビ授業などの通信によって学習を受けます。学習は自学自習が基本です。自宅で勉強を進めながら与えられている課題のレポートを作成し、添削を受けながら試験を受験して課題をクリアしていきます。自分のペースに合わせて学習を進めていけるので、長期計画で卒業を目指すことができます。

また、学習サポートを受けることができます。全日制高校で授業についていくことができずに中退してしまった、中学校を卒業して働きながら高校卒業資格を目指す人など、自分の空いている時間を有効に活用して学習できる環境が整っています。

通信制ではありますが、年に数回学校に通う必要があります。スクーリング授業や試験を受けるために決められた回数学校に来ないと単位を修得することはできません。

通信制高校に入学するには

通信制高校は単位制や2学期制を採っているので、春と秋に新入生を募集している学校が多いです。学校によっては随時募集をかけているところもあります。

通信制高校への入学を希望する場合は事前に学校のホームページを見る、資料請求をするなどして校風や学費、カリキュラムなどを把握しておくといいでしょう。

通信制高校を札幌で通うのがお勧めです。何故なら、他の地方都市より通信制高校が多くあるため選べるからです。