安心して学べる場所を探す!通信制高校の選び方をチェック

通学型は友達を作りやすいところが魅力

どこの通信制高校に通おうか迷っている方々は、まずは通学型と通信型の二つのタイプの学び方がある点に注目してください。

実際に学校まで足を運ぶ回数が多い通学型の高校は、学生と交流が持てるために友達を作りやすいのがメリットです。

授業内容で分からない事があれば、先生に直接的に聞く事ができるのも大きなメリットと言えます。

ただし学校に定期的に通学する必要があるという点は、学校までの距離がある場合にはデメリットとなるので注意が必要です。

自分のペースで授業が進むとは限らないので、周囲に遅れないように勉強を続ける必要があるのが、プレッシャーになってしまう場合もあります

しかし他人との交流を楽しめる事が、一番のメリットだと感じて通学型の通信制高校を選ぶ子供たちも多いです。

通信型は自分のペースで勉強ができる

学校まで足を運ぶのが嫌になってしまい、自宅にいる時間を増やしたいと感じて、通信型の高校に通いたいと考える子供も増えています。

自分のペースに合わせて勉強できるのが通信型の大きなメリットで、分からない部分があれば納得できるまで繰り返し学習してから、次のステップに進む事が可能です。

学校まで足を運ばずに勉強ができるので、通学時間がいらないところもメリットで、自宅の近くに良い学校が見つからない場合にも役立ちます。

レポートの進捗管理をある程度は自分で行う必要があるのは、デメリットだと感じてしまう子供も少なくないです。

他人と顔を合わせる回数が減りがちなところもデメリットですが、通信型であっても教師のアドバイスを受ける事はできます。

通信制高校では主に自宅で勉強しますが、スクーリングや勉強を支援するサポート校も存在します。そのため、通信制高校を埼玉で選ぶ時には、スクーリング会場や連携サポート校が埼玉県内にあるか確認しましょう。