金融機関を一つ選ぶ必要がある

投資をしたときの税金が節税できる仕組みとしてNISAとイデコがあります。NISAは投資における所得税が非課税になる制度で、一人一つの金融機関を決めて利用します。あくまでも投資利益に関する所得税を減らすための仕組みになります。イデコもNISA同様に投資をして得た所得に対する税金がかかりません。一人一つの金融機関を決めるのも同じです。ただ、単に税金を減らすための仕組みではなく、年金の上乗せの意味合いがあります。正式名称は個人型確定拠出年金で、制度自体は国に近い機関が行っています。とは言いながらNISA同様金融機関を選ぶ必要があります。一人一つの金融機関しか選べません。企業型確定拠出年金を利用している人は、それとは別の金融機関も選べます。

手数料で選ぶかラインナップで選ぶか

イデコは、金融機関で専用の口座を作って拠出額で投資商品を購入します。購入時の手数料はかからないものがあ多いので、あまり気にする必要はないでしょう。銀行預金なども選べます。ただし、金融機関によって異なる手数料がかかる仕組みがあります。そのため、選んだ金融機関によって、実際に拠出した額よりも大きく減ってしまう可能性があります。イデコの金融機関選びにおいては、まずは手数料が少ないかどうかは重要な点になります。制度として必ずかかる手数料もあるので0円にはなりませんが、最低額があるので最低額の所を選ぶと良いでしょう。その他金融機関ごとに商品ラインナップが異なります。沢山ある金融機関なら、その分投資商品の選択の幅が広がります。

イデコとは個人型拠出年金のことをいいます。私的年金のことで自ら申し込みをして掛金を拠出し運用方法を選択、掛金と運用益の合計額をもとに年金額を拠出します。