借金の返済義務がなくなる!?時効の援用とは

借金には時効が存在する!

借りたお金は、絶対に返さなければいけないというイメージを持つ人は多いでしょう。しかし、借金は最終返済日から5年を経過すると時効になり、借りた金額に関わらず時効が成立すれば、返済義務がなくなります。ただ、時効は自動的に成立をするのではなく、時効の援用という手続きを行う必要があります。

時効の援用は返済義務の消滅を伝えること

時効の援用とは、消費者金融などの債権者に消滅時効が成立したことを伝えることです。この手続きが完了し、時効が認められれば借金の返済義務はなくなります。ただ、失敗をすれば今後も借金の返済を続けていく必要が出てくるので、手続きは慎重に行うことが大切です。個人でも手続きを行うことが可能ですが、成功の可能性を高めたいのであれば弁護士などの専門家に依頼をすることがおすすめです。

失敗をすることってあるの?

時効の援用手続きの失敗というのは、珍しいことではありません。最終返済日から5年経過していない状態で手続きを行った場合や、5年の間に裁判が起きている場合などは時効が認められない原因となります。期間や裁判の有無をしっかりと確認しないまま手続きをすると、時効が成立しないだけでなく、そこから更に督促が始まる状態になってしまうということは少なくありません。弁護士や司法書士などに依頼をすれば、本当に時効が成立しているかどうかをしっかりと確認した上で、手続きを行って貰うことができます。更に、個人が手続きを行った場合は債権者がごねることも多いのに対し、専門家が行った場合は債権者が素直に認めやすいというメリットもあります。

時効援用とは、時効の制度を利用するという意思を相手に伝えることです。相手に伝えることではじめて、時効の利益を受け取ることができます。