単位制高校であれば誰でも学びのチャンスが得られます!

単位制高校ってどんな所?

不登校や退学によって一般的な高校に通うことができなくなった人の受け皿として、単位制高校が注目を集めています。単位制高校とは、自宅で課題をこなすことによって必要単位を消化し高校卒業認定を目指す学習システムのことです。基本的に自宅学習がメインとなりますが、定期的にスクーリングも開催されています。

一般的な高校との違い

一般的な高校は三年で全ての単位を履修して卒業するシステムとなっていますが、単位制高校の場合は年数にとらわれずに自分のペースで学習計画が立てられるという特徴があります。また、通学する必要もないため学習の場として自宅や図書館など好きな所を選ぶことが可能です。単位制高校によっては、スクーリングで用いる校舎を学習スペースとして開放している所もあります。いずれにしても自習が全てとなるため、自主的に勉強に取り組む姿勢が必要となります。

学習できる内容について

単位制高校においては、科目の単元ごとに出される課題をこなすことで一般的な高校の授業と同等の内容を学ぶことができます。課題は主にレポートとなっており、それを作成することで学習内容の理解度が深まるという仕組みです。また、定期的に科目ごとのテストも実施されています。一人では理解できない人のために、オンラインで随時質問の受付も行われています。

単位制高校を選ぶメリット

単位制高校であれば自分で自由に授業計画を立てることができることから、仕事をしながらでも高校卒業認定が目指せます。また、病気などの理由で通学が困難な人にも適しています。その他、いじめなどをきっかけに不登校になった人にも単位制高校は利用しやすくなっています。人目を気にせず勉強をすることができるため、人間関係に煩わされる心配がないのです。

単位制高校とは学年制とは違い、学年ごとに修得する科目が決められていません。修得する科目ごとに修得する単位が設定されており、取得した単位の総単位数を得れば卒業資格も得られます。